外国製の精力剤は日本人には合わない?

精力剤のよくある質問

精力剤の商品をよく見てみると、日本製の商品や外国製の商品があることに気が付くと思います。
何となく、外国製となると効果が強すぎるのではないか、日本人には合わないのではないかなどの不安を感じると思います。
では、外国で作られた精力剤は日本人が使用しても問題はないのでしょうか。

Q:外国製の精力剤は日本人には合わない?

A:合わないこともあります。

外国製の精力剤は、元々その国の人向けに作られているということもあり、日本人が使用してしまうと副作用が現れてしまったり、効果が強すぎるもしくは、効果を感じないなどといったケースも多いようです。
つまり、外国製の精力剤を使用するよりも、日本国内で作られている精力剤を使用したほうが効果を感じやすいですし、安心して飲むことができるのです。
日本製で高い効果が期待できると言われているのは、極GOLDやビガリスブースターなどがあります。

極GOLDは7種類のアミノ酸、7種類のビタミン、5種類のミネラル、3種類の天然ハーブから作られており、体に負担のかかるものが含まれていません。
そのため、副作用を起こしてしまうリスクを極力低くしているのです。

また、ビタリスブースターは精力を高める効果があると言われている、トンカットアリやマカ、L-アルギニンなどの成分を多く配合していることで、高い効果が期待できるようになっています。
もちろん、天然成分ばかりを選んでいますので、副作用を起こすことはほとんどありません。

それから、元はアメリカで開発されたヴィトックスαは、改めて日本人の体質に
合わせてから日本に届いた商品です。
この場合は、外国製であっても適応性は十分に高いと考えられます。

当サイトライターも愛用!アメリカ売上No1のペニス増大サプリ「ヴィトックスα」

サブコンテンツ

このページの先頭へ