包茎で悩む人の7つの共通点

包茎で悩む人の7つの共通点

社会で生きる以上、悩みというのは尽きることがありません。
解決しやすいものもあれば難しいものもあるでしょう。

中でも強烈なコンプレックスとなり、改善も難しいのが包茎です。
ペニスに関する悩みの中でも短小・包茎はツートップのコンプレックスと言えます。
対人、健康、セックスのこと…様々なシチュエーションで
起こりえる包茎に関するお悩みについて見ていきましょう。

包茎で悩む7つのシチュエーション

できることなら知られたくない、隠したい…それが包茎男性の想いです。

しかし特定のシチュエーションに置いてはどうしても見せなくてはいけません。
また、対人のみならず自分へのデメリットも感じる瞬間があるのではないでしょうか。
包茎で悩む人がコンプレックスを感じ得るシチュエーションをまとめましたのでご覧ください。

1.銭湯や温泉で恥ずかしい

→銭湯や温泉といった公衆浴場を利用する時、包茎の男性は大いに悩まれます。

包茎ペニスを見られたら…とお悩みになることでしょう。
しかし、恥ずかしいと思っているのはご自分だけかもしれません。
実は日本人のほとんどが包茎ですし、良く見てみると皮をかぶった状態で堂々と歩いている人もたくさんいるはずです。
深く思い悩む必要などまったくありません。

2.外見が気になる

→包茎だと短小になりやすいと言われています。

また包皮で覆われているペニスというのはなんとなく子供っぽいイメージがあるのではないでしょうか。
確かにそういう一面はありますが、重度の包茎でない限りはそれほどストレスを感じる必要はありません。
実際に日本人の仮性包茎率は7割とも言われていますし、そもそも外見というのは個性です。
身体的特徴をバカにするような人がおかしいのであって、あなたが思い悩む必要などないのです。

3.チーズ臭が気になる

→包茎でも代表的な問題とされているのが臭いに関することです。

確かに包皮に包まれている分、清潔にしにくい面があるのは間違いありません。
しかし、お風呂に入った時にしっかりと包皮をめくって恥垢を落しておけば臭いはほとんどでないものです。
カリの周辺や包皮のシワなどに恥垢がつきやすく臭いの原因となりますので、しっかりと洗浄するように気を配りましょう。

4.セックスに自信が持てない

→包茎=セックス力がない、そう考えている人も少なくありません。

しかし包茎とセックステクニックには因果関係は全くありません。
ペニスへのコンプレックスがあなたの大胆さを抑制してしまっているだけなのです。
実際に包茎でもセックスが上手な人はたくさんいますし、
包茎ペニスによって挿入オーガズムを女性に与えている人はたくさんいます。
思い悩みとどまるのではなく、自分にできることを頑張ってみましょう。

5.早漏で恥ずかしい

→包茎と早漏は確かに因果関係があります。

亀頭が包皮に包まれてしまっている以上、外部からの刺激に弱くなるのは致し方ないことです。
しかし、性感に関しては慣れることができますので早漏な人でもトレーニング次第で耐久性抜群のペニスを手に入れることも可能です。
また、早くても回復力が高ければ女性からしたら「セックスに強い男性」というイメージになります。

6.スポーツ時に毛を巻き込む

→包茎ならばほとんどの人が毛を巻き込む「そば喰い」の状態を味わったことがあるのではないでしょうか。

経験したことがあればわかりますが、毛を巻き込むと非常に痛く、動きが止まってしまうほどですよね。
とはいえ、実はそば喰いは非常に簡単に解消可能です。
陰毛を短く切りそろえる、または剃毛や脱毛でパイパンにしてしまうことであっさり解決できることでしょう。
毛が無くなるとペニスの見た目が大きく感じられますので一石二鳥のメリットがありますよ。

7.彼女にどう思われているのか怖い

→パートナーの本音ほど怖いものはありません。

特にセックスに関係する不満というのは後々の関係性を壊しかねませんので慎重になりますよね。
実際のところ、女性の80%以上は交際第千の包茎を治療した方がいいのでは?と思っています。

しかし、その本音を紐解くとほとんどが「臭い」「不潔」といったことが要因となっています。
つまり、包茎でもしっかりと洗浄をすれば女性が感じている不快感は取り払えるのです。

包茎は男性にとって大きなコンプレックスとなります。
実際に、様々な面でのデメリットもありますし改善できればそれに越したことはありません。

しかし、一番やっかいなのはあなたが思い悩みすぎてしまうということではないでしょうか。
人生においてストレスこそ最大の敵です。
包茎だからといって落ち込むのではなく、前向きにとらえて行動していくことが大切です。

当サイトライターも愛用!アメリカ売上No1のペニス増大サプリ「ヴィトックスα」

サブコンテンツ

このページの先頭へ