日本人の9割は包茎?包茎の種類と特徴

日本人男性のイメージ

男ならばペニスに関する悩みの一つや二つ持っているのではないでしょうか。
中でも日本人の約7割が頭を悩ませていると言われているのが包茎です。
さらに、意識していない人も含めるとおよそ9割の日本人男性が『包茎』だと言われています。

包茎の種類と特徴について見ていきましょう。

真性包茎とは?

包茎の中でも深刻なもののひとつが真正包茎です。

通常時はもちろんのこと、勃起時においても亀頭が包皮に包まれてしまっている状態のことを言います。
仮性包茎と違って包皮と亀頭が癒着してしまっています。
無理やり剥こうとすれば激しい痛みを生じ、傷ができてしまうこともあるようです。

真性包茎では、常に包皮が亀頭を覆っているため恥垢が溜まりやすくなります。
不快な匂いを発したり、場合によっては炎症を起こし感染症にかかるリスクが高まると言われています。
さらに、包皮が邪魔をすることでペニスの成長を抑えてしまい増大への障害ともなるのです。

重度の真正包茎の場合、勃起時に痛みが出てセックスもスムーズに行えなくなります。
何より、匂いがあり不潔感もあるので女性からは「エッチしたくない」と思われてしまうかもしれません。

仮性包茎とは?

日本人の約7割が仮性包茎だと言われています。
勃起時には包皮が剥けるものの、通常時は包まれています。

手で剥くことができるため大きな悩みとして意識しない人も多いようですが、もちろんデメリットはあります。

真性包茎同様に、包皮やカリ部分に恥垢が溜まりやすいので匂いを発しやすくなります。
また、ムレた時などは包皮内の恥垢が発酵臭を出し、腐ったチーズのような臭いとなります。

勃起時には亀頭が顔を出すためセックスをすること自体は可能です。

ただ、通常時は包皮に包まれているため亀頭が敏感になり、早漏になりやすいと言われています。
また、意識をして清潔にしておかないと恥垢が溜まりやすく女性から嫌がられることもあるでしょう。
さらに、包皮によりペニスの成長が妨げられるため「短小」で悩むことも多そうです。

さらに仮性包茎でいる期間が長くなると、皮がペニスの成長と共に伸びて余ったような状態になり、見た目もあまり良いとはいえません。

カントン包茎とは?

カントン包茎は非常に危険な包茎の種類です。
仮性包茎同様に自分で包皮を剥くことはできますが、勃起時に痛みを生じてしまいます。
包皮口が狭いため、亀頭・竿が締め付けられてしまうことが原因です。

軽度のカントンであれば多少の違和感がある程度です。
しかし重度となると激しい痛みがあり、締め付けにより包皮が戻らず亀頭がうっ血することもあります。
最悪の場合、勃起状態が元に戻らずうっ血した状態が続くことでペニスが壊死する可能性もあり得ます。

他の包茎同様に包皮内で匂いや雑菌の繁殖を起こしやすく、女性からは好かれません。
そもそも満足な勃起が難しいのでセックスも困難と言えるでしょう。
カントン包茎の場合はできるだけ早く対処した方が良いです。

もしカントン包茎になって皮が元に戻らなくなったら、すぐに泌尿器科での受診をしてください。
仮性包茎などの美容目的の手術と違い、しっかり医療保険が適用されます。
(恥ずかしいとか術後の見た目などを気にしている場合ではありません・・・)

包茎治療で増大は叶う?

ペニスにとって包茎は様々なデメリットを及ぼします。
いつまでも放置をしておくよりも速やかな対処・治療を行うべきであると言えます。
包皮に包まれた状態では衛生面でデメリットがありますし、何よりペニスの成長を妨げてしまいます。
実際に治療をしたことでペニスが大きくなったという事例もありますので、
包茎治療を検討してみても良いのではないでしょうか。

当サイトライターも愛用!アメリカ売上No1のペニス増大サプリ「ヴィトックスα」

サブコンテンツ

このページの先頭へ