【ED対策】勃起ペニスを30分間以上維持するために必要なこと

膨張イメージ画像

男にとってEDはとてもデリケートかつ深刻な問題です。
若いうちは気にしなくてもいいですが、加齢とともにやはりペニス力は衰えるもの。
勃起したペニスを30分維持させるためのポイントをご紹介していきます。

知っておきたい二つのED

EDには物理的・精神的な主に二つの要因があります。
まずは勃起不全について理解して、勃起力向上の下準備をしておきましょう。

器質性ED

物理的に勃起がしにくくなる状態、これを器質性EDと言います。
細かく分類すると神経障害によるもの、分泌物低下によるもの、神経障害によるものの3つです。
たとえば事故によって神経や脊椎に損傷があって勃起信号が送れなくなった…

これは神経障害によるEDとなります。
喫煙・飲酒でテストステロンが低下してしまうと分泌物低下のED、
高齢者や生活習慣病患者などは血管障害のEDになりやすくなるわけですね。

心因性ED

心因性EDは簡単にいえば心の問題による勃起不全です。
たとえばうつ病や統合失調症といった重たい精神疾患を患うとEDになる可能性が高くなります。
また会社や生活の中で受けたストレスが元で勃起できなくなるというケースも少なくありません。
男のペニスは意外とデリケートにできているんですね。

勃起を維持するために必要な要素

EDの種類がわかったところで、勃起を維持するための要素についても見ていきましょう。

脳と神経の働き

人間は何をするにも脳の働きと神経伝達が必要不可欠です。
手を動かす、足を動かす、心臓が鼓動する…
意識的・無意識的に関わらず脳と神経が働いていてこそ体は機能するものなんです。

もちろんペニスだって同じで、性的な刺激を受けたことを脳が理解し、
勃起信号を神経を通して股間に伝えなくてはいけません。
ストレスなどでそれぞれの働きが鈍っていると勃起はしにくくなってしまいます。
健やかな精神状態を保つことはとても重要です。

血管と血流

器質性EDで最も多いのが血管障害によるものです。
糖尿病や加齢による血管の衰えなど、血流を妨げる要因となるものは色々とあります。
適度な運動やヘルシーな食生活などに気を使って血管の健康とよどみない血流を目指しましょう。
ペニスに流れる血液の量が多ければ多いほど勃起力が増しますし、持続力も高まります!

肉体的な強さ

肉体的な強さも重要なポイントです。
たとえば挿入中にピストンで疲れてしまい息切れしてしまったとします。
そうすると体内の酸素がなくなってしまい血流が滞ってしまうんですね。
さらに、脳が「疲労が溜まっていてセックスどころではない!」と判断してしまって
勃起をやめさせてしまうことにもつながっていきます。
ペニスに直接関わることではありませんが、
筋力やスタミナの増強はセックス力アップに繋がり、結果として勃起を維持する要因となるのです。

増大サプリで勃起力アップできる理由

勃起力を高めたい、維持させたいという方は増大サプリの服用もオススメします。
サプリにはペニスに良い栄養素がたくさん含まれています。
アルギニンやシトルリンなどは血流を高めてくれる成分ですので勃起力を維持しやすくなります。
サプリと一口にいっても色々なものがありますが、
血流を高めてくれる成分がたくさん含まれているものを選ぶことがオススメですね!

当サイトライターも愛用!アメリカ売上No1のペニス増大サプリ「ヴィトックスα」

サブコンテンツ

このページの先頭へ