10代からペニスが成長しない人の共通している5項目

10代からペニスが成長しない人の共通している5項目

ペニスの成長期は10代から20代前半くらいまでの思春期がメインとなります。
つまり、この時期に大きくなりきれなかった人は…
男性器の大きさで悩んでしまうというわけですね。
10代からペニスが成長しない人に共通していることとは一体何なのでしょうか?
また、成長期が過ぎた今でも増大は可能なのでしょうか?じっくり検証していきましょう!

ペニスの成長期はいつ?

まず、ペニスが最も大きくなりやすい成長期について学んでいきましょう。
様々な説がありますが、基本的には「思春期」「第二次性徴期」に成長しやすいと考えられています。
身長や体重が増え、体が大きくなるのと同じタイミングでペニスも大きくなるというわけですね。

年齢的に言うと15歳~20歳前半くらいまでが成長期となります。
個人差がありますが、これくらいの年齢で出来上がった体つきはほぼ一生変わることはありません。
体重などは変化するかもしれませんが、身長やペニスサイズというのはそうそう変わらないというわけですね。

成長しない5つの原因

成長期にしっかりと大きくなることができればいいですが、人によっては「思ったほどデカくなれなかった…
」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。
人それぞれ個人差はあるものの、実はペニスが成長しない人には共通している原因があります。

遺伝によるもの

人間は遺伝によって大きく容姿が左右されます。
顔や体つきなんかはやはり、自分の親に似てくるものなんですよね。
当然、ペニスも父親や祖父、さらにその祖先たちの大きさや形に類似してきます。
つまり、家系的に男性器が小振りであれば、デカチンにはなりにくいということになります。

運動・栄養不足

たとえば成長期に運動をせず、食の細い子というのは体も小さいですよね。
それと同じで、ペニスも運動・栄養が足りず成長しないことがあります。
男性器の大きさに食事はまだしも運動は関係ないと思う方も多いかもしれません。

しかし、体を動かすことで得られる血流アップ効果はペニスに大きな影響を与えます。
やはりスポーツマンは大きくたくましいペニスを持っているものなんです。
しっかり体を動かして栄養もしっかりと摂ればペニスだって大きくなりますよね。
運動・食事は肉体づくりにとても大切な要因です。

生活習慣の乱れ

食事が大切と言いましたが、食べ過ぎは良くありません。
肥満になってしまうと勃起時にペニスに血液が渡りにくくなります。
そのためギンギン勃起しにくくなってペニスの鍛錬がされにくくなるのです。
また、見た目的にも腹の肉に男性器が隠れてしまうので小さく見えるというデメリットがあります。

また、生活習慣で言えば睡眠もかなり重要です。
人間は寝ることで成長ホルモンが分泌されます。
睡眠不足だとせっかくの成長タイミングをのがしてしまい、
結果的に肉体もペニスも大きくなりにくくなってしまうんですね。

包茎だった

男にとって大きなコンプレックスの一つ、包茎もペニスの成長を妨げる大きな要因です。
被っている皮が亀頭や竿の成長の邪魔をしてしまい、
先細りや短小といった悲しい結果を生んでしまいます。
できることならば包茎は改善することが望ましいといえるでしょう。

性的パフォーマンスが低い

ペニスが小さくて悩んでいる人の多くはオナニーや勃起回数が少ない人も意外と多くいます。
筋肉と一緒で男性器も使わないと鍛えられません。
毎日しっかりと勃起をして、定期的にオナニーをしないとペニスは退化してしまいます。
どんなに忙しくても毎日勃たせて、射精もする。
性的パフォーマンスを高めることはペニス増大に役立ちます。

今からだって大きくできる!

身長と同じように、ペニスも成長期に最も大きくなります。
ではそれを過ぎてしまったらもう変えることはできない?ということはありません。
筋肉は鍛えれば増えていきますよね、それと同じでペニスだって努力すれば成長させることができます。
男性器をパワフルに増大させたいという方はサプリなどで頑張ってみてはいかがでしょうか!

デカすぎ!全米1位の
ペニス増大サプリ
ヴィトックスαの詳細はこちら

当サイトライターも愛用!アメリカ売上No1のペニス増大サプリ「ヴィトックスα」

サブコンテンツ

このページの先頭へ