ペニスの大きさは遺伝的要素が強いはウソ?

DNA画像イメージ

銭湯に行った時、親のペニスは小さいのに子供は…
デカイ!なんて光景を目にしたことはありませんか?
ペニスは遺伝による影響が大きいと言われていますが、
サイズが明らかに違う親子を見ると「遺伝的要素が強いって嘘なんじゃ?」と思ってしまいますよね。
実際に、ペニスの大きさと遺伝ってどのくらい関係しているのでしょうか?
具体的に検証してきましょう!

遺伝は全く関係がないのか?

ペニスの大きさは遺伝が大きく関係している…
これまで多くの専門家やブロガーたちが言及してきた説です。
人間は親の特徴を遺伝によって受け継ぐことはみなさん周知の通りかと思います。
体つきや顔、全体的な雰囲気などやはり親や先祖に似てくるものですよね。

しかし時には背が低い家系から突如、高身長の子供が生まれるということはあるものです。
それと同じで、親のペニスが小さくても子のペニスはデカイ…
ということは実際にあります。
「遺伝って実は関係ない?」なんて思ってしまいますよね。

遺伝は少なからず子に影響を与えます。
しかし、それはあくまでも先天的な特徴にのみ関係するものであって、後天的な要因にまでは影響しません。
事実、日本人の身長は年々高くなってきていて欧米人に近づきつつあります。
つまり、背が低かった親から背の高い子が生まれてきているというわけですね。
食生活の向上やスポーツの推進、性的な情報が豊富に溢れている今の時代はペニスに与える後天的な好影響がたくさんあると言えます。
ですから、親のペニスが小さいからといって必ずしもあなたのペニスが小さくなるとは限らないというわけですね。

遺伝以外のペニス増大3つの要素

人間である以上、遺伝を無視することはできません。
しかし、後天的に大きくなる要因は人生の中に溢れていることも忘れてはいけません。
具体的にペニスへと影響する遺伝以外の増大要素を見ていきましょう。

適度な運動

体を動かすことで運動能力や筋力がつくのはみなさんわかりますよね。
さらに、適度なスポーツは血流アップを促し、健康的な体をつくります。
そしてよどみない血流を得られることで股間周辺の血液が運ばれやすくなり、勃起力が向上していきます。
結果としてペニスも増大しやすくなるのです。
実際、スポーツ選手は巨根や高い勃起力を誇っています。

食生活の向上

食事は人の体をつくる上で最も重要なポイントです。
しっかりと栄養を摂れば筋肉もつきますし、血流も良くなり健康的になるでしょう。
ペニスに関しても、増大に関する栄養素を適度に摂取すれば後天的に増大することは可能です。
アルギニン、亜鉛、シトルリンなど意識して摂取してみてはいかがでしょうか。

生殖機能の強化

筋トレをするのと同じようにペニスも日頃から鍛えることでたくましさを増していきます。
たとえば、勃起して射精するというのは男性器にとって非常にハードなトレーニングです。
血液を陰茎海綿体に溜め込んでガチガチにし、射精のために精液を押し出すことで生殖機能は大きく向上していきます。

つまり、オナニーやセックスというのは筋トレで言うところの最大負荷をかけたトレーニングなんです。
昔に比べてアダルトコンテンツが容易に入手できる現代、オナニーをしやすい環境が整っています。
遺伝的にペニスが小さくても後天的な環境要因でペニスを大きくすることは可能といえるでしょう。

親が小さくても君はデカくなれる!

ペニスの大きさは遺伝に左右されることは紛れもない事実です。
しかしその割合は人によって違いますし、後天的な要因によって遺伝を超えることは十分に可能です。
親のペニスが小さくても、あなたの中に隠れている増大因子を刺激してあげればいくらだって増大することは可能です。
決して諦めること無く、デカくなるために頑張っていきましょう!

当サイトライターも愛用!アメリカ売上No1のペニス増大サプリ「ヴィトックスα」

サブコンテンツ

このページの先頭へ