ペニスの構造と勃起のメカニズム

ペニスの構造

ペニス増大を果たすためにはまずペニスの構造と勃起のメカニズムを知っておくべきです。
ペニスの中で起こっている仕組みや流れを理解していけば
増大法やサプリの中に入っている成分の意味などがわかってくるはずです。

まずはじっくりとペニスの中のことについて学んでいきましょう。

勃起の流れはどういうもの?

まずは簡単な勃起のシステムについてご説明をしていきます。
視覚や触覚によって性的な刺激を受けると大脳が
それを関知して性中枢から脊髄を通って神経伝達が行われます。

性的な情報が入ってくると股間周辺の血管が拡張していき
ペニスに血液を流す準備がされていくようになります。

ペニスには海綿体と呼ばれるスポンジ状のものがあり、
流れてきた血液を吸収していき硬く大きく膨らんでいくのです。

これを簡単にまとめると以下のようになります。

  • 1.脳が性的刺激・興奮を感知する
  • 2.神経伝達によって股間の動脈が拡張する
  • 3.陰茎海綿体が血液を取り込む
  • 4.海綿体が十分に血液を吸収、硬化する

つまり勃起には脳、神経、血管、海綿体というものが重要というわけですね。
いずれかで問題があると勃起をしにくくなるということになります。

意外と知らないペニスの構造

さらに詳しく、今度はペニスの構造について見ていきましょう。
先ほど海綿体が重要と言いましたが、
実はペニスには2本の陰茎海綿体というものがあります。
実際に勃起したペニスを上から触るとわかるのですが、
中心になんとなくくぼみがあるのです。

海綿体の中と外には陰茎動脈が流れ、外側は静脈が流れています。
勃起には動脈が特に大きく関係していて、
ここに流れている血液量が多いほど勃起は硬くたくましくなるのです。
また海綿体そのものも毛細血管が集まっていますから
血流と言うのはとにかく大切な物となります。

たくましいペニスに必要なものとは

勃起で大切なのは股間へ流入する血液の量です。
実はこれはペニス増大でも重要なことで、
血流が良くなればなるほど大きくたくましく成長しやすくなるのです。

実際に増大サプリにはシトルリンという血管拡張作用のある成分が含まれています。
勃起のたびにたくさんの血流が送り込めるようになれば
毛細血管が刺激されて徐々に大きくなっていくのです。

太くたくましいペニスを作るためにはどうすればいいのか、
その一つの答えとして挙げられるのは血流のアップというわけですね。

当サイトライターも愛用!アメリカ売上No1のペニス増大サプリ「ヴィトックスα」

サブコンテンツ

このページの先頭へ