30歳を過ぎてもペニスが増大する理由とは?

ペニス増大への道

30歳を過ぎたらペニスの増大は不可能なのか?
きっと多くの人は20代までで大きくならなかったとしたら諦めてしまっていることでしょう。
ペニスサイズに対してコンプレックスを持ってしまって自信が持てずにいるかもしれません。

しかし実は、ペニスというのは30歳以降でも成長するものなのです。
むしろ50歳くらいの方でも努力を続けていけば増大は不可能ではありません。

30歳を過ぎてもペニスが増大する理由

多くの人は30歳を過ぎるとペニス増大に対して諦めを持ってしまう傾向があります。
そもそも人の体というのは10代から20代前半が成長曲線のピークとされています。
スポーツ選手を見てもわかる通り、若い内は肉体の強化が著しく
ベテランになると技術力の向上が目に見てとれるようになりますよね。

つまり目に見える体の成長というのは若い内がピークなのです。

しかし近年、肉体の成長は30代以降も確実に起こることが立証されています。
事実スポーツ選手でも30代からの肉体改造をすることは珍しいことではありません。
科学的に裏付けされたトレーニングを積めば
人間の体は30代以降であっても筋力を増やして成長することは可能なのです。

こうしたことはペニスの増大においても全く同じことと言えます。
身長というのは骨の成長が必要ですから限度はあります。
しかし筋力や血流アップというのは歳を取ってからでも可能です。
ペニスはどうでしょうか、骨なんてありませんよね。
つまりペニスの筋力や血流・血管を向上させれば増大は可能なのです。

ペニスサイズが小さくなることもある?

歳を取るとペニスサイズが小さくなってしまったなんて人がいます。
実際に多少ですが縮んでしまうケースはあるようです。

なぜそういったことが起こるのか、
理由は様々ですが一つ挙げられるのは肥満体型によって
脂肪にペニスが埋もれてしまうというケースです。

陰茎は股間から生えていますが、周辺の脂肪が増えてしまうと
必然的に体の内部に埋没してしまうのです。
これはダイエットをすることで解消することが可能です。

使わないとペニスは小さくなってしまう!

もっと深刻なのがペニスを使わなくなったことが原因によるサイズダウンです。
意外なことと思われるかもしれませんが
ペニスは他の肉体の部位と同じように使わなければ衰えてしまうものなのです。

朝勃ちをしなくなった、セックスの回数が減った、最近オナニーもしていない。
歳を取るとそういう男性は増加していきます。
つまりペニスを使わない人が増えてくるのです。

ペニスと水道のホース意外な関係

ペニスの勃起のシステムというのはデリケートです。
脳で性的刺激を関知し神経を伝って勃起の指令を出します。
股間周辺の血管が拡張して血流がアップし、
海綿体がスポンジのように血液を吸収することで勃起が成り立ちます。
つまり血の巡りが良くなければしっかりと勃つことはできないというわけです。

水道のホースを思い出してみてください。
使っている間は良いですが、長年使わずに放っておくと
管は硬くなり水漏れをしてしまって使い物にならなくなりますよね。
ペニス周辺の血管も同じことです。
使っていけば血流も良くなりますが使わなければ退化してしまうのです。

年齢に関係なくペニスは増大できる!

30歳以降でもペニスを増大させたい。
そう思うのであればしっかりと努力をしていきましょう。
別に難しいテクニックは必要ありません。
サプリの服用や日々の食生活の改善、マッサージや増大法のチャレンジなどを
していけば増大は不可能ではないのです。
ペニスは必ず増大する、そう信じてまずはペニスを使うことから始めていきましょう。

当サイトライターも愛用!アメリカ売上No1のペニス増大サプリ「ヴィトックスα」

サブコンテンツ

このページの先頭へ