SEXで勃起ができない(持続しない)原因

勃起できない!?

恐怖心がある

自慰行為の時は勃起状態を維持できるのに、いざ入れようとした時や入れている時などになえてしまうという方は、性行為に対して恐怖心を抱いている場合があります。
小さな頃に親の性行為を見たことがある方や、性行為をした後にパートナーが満足していない様子を見てしまったなど、精神的なことが原因で、維持できなくなっているかもしれません。
失敗することが怖くなってしまい、いざという時に勃起できなくなっているのです。
恐怖心によって維持できない場合は、自信を付ける必要があります。
ED治療薬や精力剤を使用して、成功体験を増やしていくことで自信を取り戻し、次第にED治療薬や精力剤がなくても勃起状態を維持できるようになるでしょう。

生活習慣病

特に問題がないように感じていても、なぜか萎えてしまうことがあるという場合は、生活習慣病が原因となっている可能性があります。
勃起というのは、性的な興奮によって海綿体に血液が溜まることで起こります。
ですが、生活習慣病によって血液の流れが悪くなってしまうと、勃起状態を維持できないなどの問題が起こってしまうのです。
生活習慣病を改善するためには、普段の生活習慣を見直し、体に負担がかからないような生活を送るように心がけてください。
そうすることにより、勃起状態を維持できるようになるでしょう。

当サイトライターも愛用!アメリカ売上No1のペニス増大サプリ「ヴィトックスα」

サブコンテンツ

このページの先頭へ