精力・勃起力アップのキーワード「男性ホルモン」とは?

男性ホルモンは思春期(第二次成長期)になると、
たくましい体と心を育むために大量に分泌されます。
男性ホルモンは男性を男性らしく作用する性ホルモンの総称です。

男性ホルモンの中でも、分泌量が多く作用が強いのがテストステロンです。

テストステロンの主な働きは以下の通りです。

  • 男性性器の発育・成熟
  • 体毛・ひげの発毛
  • 声変り
  • 性欲の高まり
  • 筋肉・骨格の成長

このように血中のテストステロンが急激に増える思春期には、これらが体の中でおこります。

思春期に1日に何度も自慰したくなる桁外れの精力は
男性ホルモンがこの時期に大量に分泌する事が要因の一つです。
皆様の実体験からも男性ホルモンと精力・勃起力の関連性はお分かり頂けたと思います。

男性ホルモンは加齢により減少する

残念ながら私たち人間は20代前半をピークに
男性ホルモンの体内で生成、分泌される量は減少傾向に転じます。
また60歳前後になると男性ホルモンの生成量は
20代前半のピーク時と比べておよそ半減すると言われています。

個人差により前後しますが、人によっては1割にまで減少する可能性もあります。

男性ホルモンの年齢による減少幅

数々の”男らしさ”を担ってくれる重要な成分である男性ホルモンは、自覚のないままドンドン減少していくのです。

最近、射精時の精子の量や飛び方が若い頃に比べて劣ってきた印象はありませんか?
これらの要因の一つに男性ホルモンの減少が挙げられます。

精子量の減少はED(勃起不全)の危険信号とも言われています。

  • 性欲がうすれる
  • 勃起しにくくなる
  • 勃起しても維持することが保ちにくい
  • 精子量の減少
  • 射精感が悪くなる(精子が勢い良く飛ばずにタラ~と出てくるだけ)
  • 体の活力が衰える
  • 気力(気分)が落ちる

性欲や勃起力を増強させたいと願うならば、まずは男性ホルモンを増やすように努力するべきです!

では男性ホルモンを接種すれば良いかというと、それは間違いです。
外部からホルモンを取り入れることで、一時的に回復はしますが、
継続的に接種し続けてなくては効果を維持できませんし、
何より、外部から接種することで、体内で男性ホルモンを作り出す必要がないと
錯覚して生成力が衰えてしまう事が非常に危険です。

ホルモン剤系の精力剤は男性ホルモンを生み出す力を衰えさせる

また外部から接種することで体内のホルモンバランスが狂いやすくなり、副作用のリスクも高まります。

ではどうしたら良いのでしょうか?

答えは“体内の男性ホルモンの生成力を高める”事です。

自分本来の持つ力で自然に精力を回復することがでいれば副作用の心配も、
継続的にホルモン剤を接種し続けることもなく、理想的に精力を回復することができます。

ここでご紹介するのが「極GOLD」
です。

この極GOLDは体内の男性ホルモンの生成力を
高めてくれる様々な成分が豊富に含まれています。

TheGOLD

食品系精力剤なので即効性はありませんが、
副作用の心配もなく、精力・勃起力を増強させたい方にはオススメですです。

当サイト人気ナンバー1!
極GOLDの公式サイトはこちら

当サイトライターも愛用!アメリカ売上No1のペニス増大サプリ「ヴィトックスα」

サブコンテンツ

このページの先頭へ