早漏改善のトレーニング方法

早漏改善への道

早漏は少しの刺激を感じるだけですぐに射精してしまい、それが原因でパートナーを満足させることができず、男性としての自信を失くしてしまうこともあります。
早漏を改善するためには、正しいトレーニングをしていく必要があります。
では、早漏改善のトレーニングにはどのようなやり方があるのでしょうか。

早漏改善のトレーニング方法

直前で止める

早漏改善トレーニングの中でも、最もポピュラーな方法は射精する寸前で止めるという方法です。
やり方は非常に簡単で、自慰行為の時射精しそうな感覚になったら止める、という方法を繰り返すトレーニング方法です。
何度か繰り返して行っていると、次第に射精しそうになるタイミングが遅くなってきて、早漏を改善することができます。

この方法は、一人でももちろんできるのですが、パートナーと一緒に行うこともできます。
パートナーと一緒に行う時は性行為をしている時、射精しそうになったら止めるというのを繰り返しましょう。
そうすることで、射精するタイミングをある程度自分でコントロールできるようになります。

骨盤低筋を鍛える

骨盤低筋とは睾丸と肛門の間のところにある筋肉で、そこを徹底的に鍛えることで射精のタイミングをコントロールできるようになります。
具体的に鍛える方法としては、尿をしている途中で止めるようにしたり、普段から意識して力を入れるようにすると、少しずつ骨盤低筋を鍛えることができます。
1日に5回以上継続的にトレーニングを続けていくようにすると良いでしょう。

当サイトライターも愛用!アメリカ売上No1のペニス増大サプリ「ヴィトックスα」

サブコンテンツ

このページの先頭へ