精力剤の種類

精力剤は大きく分類すると食品系と医薬品系の2つに分類できます。

同じ精力剤でも両者は効果が全く違うので、購入時前にご自身の症状を把握し、
どれを選べば一番良いのかよく調べる事が重要です。

それでは食品系と医薬品系のそれぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

食品系の精力剤は医薬品よりも安価で安全性が高いというメリットがあります。

現在広く売られている食品系の精力剤は天然成分が主に使用されており、
サプリメントのような感覚で服用されている方が多いです。

また精力・勃起力アップと同時に疲労回復や体質改善などの効果も期待できる点も人気に一つです。
その多くがインターネットで簡単に購入することができます。

食品系の精力剤

食品系の精力剤のデメリット

デメリットですが、医薬品の精力剤に比べると効果が薄れます。
副作用がない分、効果も緩やかではありますが、長時間かけてED(勃起不全)の改善やペニス増大・勃起力を強める事は期待できます。

何事も「継続は力なり」です。
時間はかかっても安全かつ着実に精力をつけたい人には最適です。

まず医薬品系の精力剤として最も有名なのが「バイアグラ」です。

バイアグラを構成してる成分として「クエン酸シルデナフィル」というものがあります。
この「クエン酸シルデナフィル」は勃起中枢に働きかける神経伝達物質「cGMP」を分解する酵素「PDE-5」の働きを抑制します。

「cGMP」とはペニスに血液を送り込むサポートをする物質の一つです。

要するにバイアグラを服用することでペニスに血液を送り込む事を邪魔する物質からガードするということで、
勃起力の強化・回復が期待できるという訳です。

効果の出方はやはり強く、服用後の即効性も非常に魅力的ではあります。

医薬品系の精力剤のデメリット

バイアグラ

デメリットとしては医薬品という性質上、医療機関で処方を受ける必要がある点と、個人差はあるものの副作用があるということです。

特にバイアグラの副作用はご存知の通り、高齢者や特定疾患のある方が服用すると深刻な副作用を引き起こす可能性があります。

また医薬品は食品系に比べると価格が高い点も挙げられます。
例としてはバイアグラ1錠当たり1500円~2000円以上もします。

当サイトでは以上の観点から時間はかかるものの安全で着実に勃起力・精力をアップさせる食品系の精力剤をオススメいたします。

当サイト人気ナンバー1!
極GOLDの公式サイトはこちら

当サイトライターも愛用!アメリカ売上No1のペニス増大サプリ「ヴィトックスα」

サブコンテンツ

このページの先頭へ